浮気相手とのセックスは女性として大事な時間

浮気相手とのセックス体験談

私の年齢は31歳で結婚3年目です。子供はおらず、夫婦二人暮らしで仲良く関係を築けています。

不倫相手の年齢は31歳で独身、社宅で一人暮らし。システムエンジニアとして、まじめに働く怪異社員です。彼とは学生時代に、友人を通して知りあいました。もう10年近い付き合いになります。

浮気相手との温泉セックス

セックスをする場所は、たまにラブホテルで3時間程度、しかし、ほとんどは不倫相手の家です。

私たち夫婦が共働きであることや、子供がいないこともあり、夫婦がバラバラに行動することはよくあります。昼間だろうが夜だろうが、外出していても不自然ではないため、その日によって会う場所は異なります。

映画を見た後に少しお酒を飲んで彼の家で2時間ほど過ごしたり、大胆にも温泉旅行にいったこともあります。食事をしていただけだったのですが、「旅行とか行けたらいいね」という会話になり、そのまま箱根へ。

旦那へは、「弾丸で温泉旅行にいくことになった!」と報告。「え!?気を付けてね!」と返信。旦那も私に対して、あまり興味がないようにも感じられます。

急だったこともあり、ホテルや旅館は取れませんでした。民宿の様な、悪い表現をすると汚い宿に一泊。泊まった民宿の温泉は混浴で、民家であるためお風呂も狭い。身体をくっつけて、湯船に一緒に入りました。

不倫相手に裸を見せるのは、毎回少々照れるものなのです。でも、たまにしか会えないから新鮮さもあり、興奮もするもの。不倫相手の家もラブホテルもベッドであるため、和室の布団でセックスをするというのも新鮮でした。

不倫セックスで女性としての色気が

旦那とのセックスと比べて、不倫相手は肌への触れ方が優しく、「可愛い」「綺麗」といった言葉もくれるのです。不倫のセックスによって、気持ちだけでも若く綺麗でいられるような気がしました。

結婚をしてしまうと、女性としての魅力や色気などはなくなっていくように感じていました。なくなってしまうことを諦めてもいました。不倫相手は、私に好意を寄せているのではないにしろ、女性として優しく扱ってくれるのです。

そのことで自信も持てるようになり、消えかけていた女性としての色気も出たように感じます。下着を脱ぐだけでもドキドキするなどという感情は、旦那に対して抱くことはありません。

優しく服や下着脱がせてくれるということも、腕枕をしながら抱きしめてくれるのも、とにかく優しさを感じられるのです。一緒に過ごす時間を大切にしてくれていると思えます。

不倫相手と過ごす時間は、女性として扱われていることを実感できる瞬間であり、大事な時間です。しかし、私は不倫相手に好意を寄せているわけではありません。

でも、遊びでもないのです。互いに離婚して再婚したいという気持ちはなく、ただセックスを重ねているだけ。不倫相手が、私の旦那の話を出すことはありません。あえて避けているようにも感じます。

ご飯を食べに行ったり、遊びに行く事もあります。不思議な関係だと感じることもあります。

不倫相手と会う時にいつもドキッとさせられるのは、フレンチキス。濃厚ではないキス、これに「感情だけは一線を超えないようにしようね」という意味が込められているような気がするのです。

不倫をするようになったのは、浮気心が芽生え、あえて不倫相手を探して関係を持ち始めたわけではありません。もともと知りあいで、顔も好みであった相手と一度セックスをしてしまったら、やめられなくなってしまっただけ。

しかし、不倫相手は一人だけでなくても良いのではと思うのです。良い出会いがあれば、「他にも不倫相手を作ろうかな」などという考えすら出てくるほど、積極的な気持ちも持てるようになりました。

浮気上級者が教える必須アイテム8選!

 

あなたの運命の相手は今の旦那さん?それとも浮気相手?

  • このまま不倫相手と付き合っていてもいいのかな・・・。
  • 旦那さんと離婚したい。
  • 不倫相手に本気になりそう。
そんな不倫相手や旦那さんとの悩みを占ってみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧