主婦の浮気相手とのデートは暗黙のルールを守る

浮気デートの体験談

現在28歳で結婚2年目。旦那と2人暮らしの主婦です。浮気なんて自分には無縁だと思っていましたが、あっけなく出会ってしまいました。

相手はもともと友人だった同年代の男性。友人といっても、「昔からお互い存在を知ってはいるものの、頻繁に会うような間柄ではない」といったくらいの関係性でした。同じく彼も私と同様に既婚者。仕事は自営業をしています。

会うきっかけとなったのは彼からの一通のメールでした。久しぶりだね、なんて他愛もない会話から始まり、気付けば彼の仕事の休憩中に電話をしあうような毎日。そんなことが繰り返され、久しぶりにご飯でも食べようよ、ということになりました。

浮気相手にときめく

今思い返せば、この頃何かすごくときめきを感じている自分がいました。旦那との付き合い歴も10年と長く、旦那以外の男性との交流もほとんどなく過ごしたきた自分。

旦那との関係性は極めて良好なのですが、「刺激」という点ではさすがに何もなく。旦那にときめきを感じることもありませんでした。それが理由か、彼から連絡が来るとドキドキが止まらず、とてもそのご飯が楽しみで仕方がなかったのです。

約束の日、ご飯を食べて彼の行きつけのバーへ。私たちの年齢層は一切いないような、ちょっと穴場のような空間でした。

旦那も出張中でしたし、時間を気にせず気付けば深夜。お互いほろ酔いで手を繋いで歩いてホテルへ向かっていました。

それからというもの、彼と私の関係性が続くようになりました。旦那への罪悪感で押しつぶされそうになるものの、恋に夢中になった少女のように、彼へのときめきが止まりませんでした。

彼もまた、同じ理由での浮気だったといいます。

浮気相手とのデートのルール

でも、それでもお互い家庭が大切なのには変わりはなく、家庭を壊すことはしたくないため、暗黙の了解のように連絡は日中のみ。

いきなりの電話は絶対にしない。会う時は場所を決めてその場で落ち合う。なるべく街には行かず、街から離れたバーやご飯屋さんをチョイスする。

時間帯は私の場合は、彼の仕事休憩の時間の時に会ったり、旦那のいない日の夜6時以降が定着していました。

おすすめのご飯屋さんなどは、あえて同年代がいかないような場所をチョイスすることや、必ず個室のある場所を選ぶことです。

でも、そうした努力をしても誰かに見られる時は見られますから、外を歩くときは別々に歩いたり、そっけなく歩くなどの工夫も必要かと思います。私たちはそういった事が嫌だったので、思いっきり街から離れた田舎をチョイスしたりしていましたが。

決まり事は浮気をする上では重要なことですし、お互いにこうした理解がないときっといつかバレます。

ただし、私が勝手に思う事ですが、こうしたことは決め事のようにルールを作ればいいというものではないと思うのです。

一般的に、「浮気」=危険、ダメなことですから、お互いの状況や心境を十分に読み取ってあげるというお互いの姿勢が何より大切です。

彼と私は身体の相性がぴったりで、話も合うし一緒にいてドキドキし合える。お互いの顔もタイプで、お互いがお互いの理想像でした。そんなわけですから、きっとお互い、「理想の浮気相手」となったのでしょうね。「お互い独身だったらね・・」と、何度も話しました。

今では子どもも生まれてその関係性にはピリオドを打ちました。

人間は感情をコントロールできませんし、人を好きになるのにも制限がありません。同時に2人の人を好きになる可能性だってあります。結婚していても、どうしても止められない恋に走ることもあると思います。

ばれても良いなら何をしてもかまわないと思いましが、ばれたくないのであれば最低限のルールは守り、お互い踏み込みすぎないことが大切だと思います。

浮気上級者が教える必須アイテム8選!

 

あなたの運命の相手は今の旦那さん?それとも浮気相手?

  • このまま不倫相手と付き合っていてもいいのかな・・・。
  • 旦那さんと離婚したい。
  • 不倫相手に本気になりそう。
そんな不倫相手や旦那さんとの悩みを占ってみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧