旦那さんの会社の上司とダブル不倫している30代の主婦

ダブル不倫の体験談

私は当時38歳、夫との結婚は当時7年目を迎えておりました。子どもは現在2人おり、当時下の子が保育園に入ったばかりでした。

夫の実家が近かったので、よく義母には子どもの面倒をみてもらい、私自身も結婚前から勤めていた会社に週に二日ほどパートに出ていました。

相手は結婚前から私が勤めていた会社の同僚です。実は私の夫は彼の部下なんです。

彼の家庭にももちろん子供さんがいて、うちより一人多い3人でした。奥様は専業主婦です。

勤務先は地方銀行ですが、社風が明るく飲み会やサークルなども充実していて、上司部下の隔たりがあまりなく社員同士みな仲が良かったです。

知り合ったきっかけと付き合うようになった理由

知り合ったきっかけは、私が彼の勤める会社に2年後に入社した事ですが、それと同時に今の夫とも知り合いました。

彼は私とは直接上司部下の関係ではありませんが、夫とは上司部下の関係で、夫とまだ結婚する前からよく一緒に飲みに行っていました。その頃すでに彼は今の奥様と結婚されていて子供もいました。

何となくお互いに好意を持っている事はこのころから分かっていましたが、彼はすでに結婚していたので私も諦めていました。そして夫と付き合う事になった事なども彼には相談していました。

でもその相談を利用して自分から近づいていき、印象付けていました。悩みを相談するフリをして飲みに行ったり、涙を見せて弱い女を演出したりもしました。

徐々に彼がこちらに気を寄せて来るのが分かりました。でも実際に不倫関係に発展したのは私が結婚してからです。

子どもが保育園に入る頃に夫と喧嘩が多くなり、彼に再び相談するようになりました。何度か一緒に二人で飲みに行くうちに、一回だけ、という気持ちでホテルに行き、それがきっかけとなり不倫関係になりました。

ダブル不倫のルール

お互い職場の知り合いなのでメールしても言い訳は出来ますが、会う約束などはさすがにメールは使えません。

彼の提案でアプリなどではなくweb上のチャットを利用して、時間を決めてwebにアクセスする事でコンタクトを取るようにしていました。

メール通知などもOFFにしていたので、自分から自分のスマホで意図的にチャットにアクセスしない限りは第三者に見られる事もありません。この方法は不倫している人におススメしたい連絡方法です。

ダブル不倫のデート内容

デートと言えるかは分かりませんが、基本的には会社帰りに飲みに行く感じです。

飲み会が多い会社なので、私が週に二日出勤するとほとんどと言っていいほど飲み会があります。それに参加して、途中で抜けてホテルに行く事が多いです。後は夫が本社に出張などの時を狙ってデートしました。

職場から離れるためと、万一見つかっても言い訳ができるよう、郊外のゴルフ場でゴルフデートをよくしていました。

あまり人気のコースではない、会員数の少ない、ちょっとさびれたところを狙っていくと、平日は特に人が少なく、かなりイチャイチャしながらコースを回る事が出来ます。

ホテルならいざ知らず、外でイチャイチャできる場所って本当に少ないですからね。人目はないし、もし奥様や同僚に見つかっても「今度接待で使えるかどうかの下見」ということに出来る理由で、二人で結構頭をひねって考え出したデートコースです。

ただ彼は奥様に「最近ゴルフ多いね」と言われた事があるそうですが、実際バレて修羅場になったりしたことは一度もないです。

遠出できる時は、ゴルフ場近くのスパや健康ランドでのデートもします。私たち以外にも「訳アリ?」って感じのカップルは多いです。

平日昼間のラブホで色々なカップルを見てるからか、何となくそれと分かります。同じような感じの人が多いので過ごしやすいというのはあります。

ダブル不倫の悩み

やっぱり一番は会いたい時に会えない事だと思います。

お互い大人の関係を望んでいますので、身体の欲求があって「今すぐ会いたい!」となっても、そこで理性を失うと自分だけでなく相手も全てを失ってしまいます。

それだけでなく、奥様や子供さんの人生まで狂わせる事になってしまうので自分の欲求と理性とのはざまで苦しんだり悩んだりしています。でもそれがスパイスになっているという事も事実です。

その一方で罪悪感は常に付きまといますから、疑心暗鬼になってしまったり、眠れなくなったりする事もありました。

テレビで芸能人の不倫問題などはついチャンネルを変えたくなった事もしばしば。本当にゲス不倫以降は報道が多かったので一緒にテレビを見るのが苦痛でした。

夫が冗談で「こんなに不倫してるやつ多かったら案外お前もしてたりしてな!」なんて言ってくるので、誤魔化すのに変な汗をかいたりしていました。

あと、夫に求められた時に彼の事を思い出してしまう事が辛かったです。夫の事が嫌いなわけでもないですし、夫との営みがイヤというわけでもないのですが、どうしても今日は止めて欲しいという時にも、変に断って関係がおかしくなるのも嫌なので応じていました。

今ではほとんどレスですが、彼との相性の方が良かったので夫が求めて来る事が結構辛かったです。

ダブル不倫の幸せ

夫とはほとんどセックスレスで、女性として見てくれない事にイラだちを覚えます。いくら努力してもないがしろにされるのは辛いものです。

また、夫の方もおしゃれに気を遣わなくなっていき、自分から洋服を選ぼうとしなくなったり、何年も同じものを着まわしていたり、鼻毛が出ていても気にしなかったりというのを見ると、すごく悲しくなります。

注意してあげても「別にいいだろ、誰も見てないし」という感覚のようで、「私が見てるよ」と言っても一向に気にしません。

夫婦関係はその方が楽なのかも知れませんが、やっぱりいつまでも男と女の関係でいたいと私は思います。なのでダブル不倫の幸せは、常にときめきを持って生きていられるという事だと思います。

40代に近づくにつれ、ママ友はどんどん老けて身なりも気にしない人が多いです。不倫をしていると、常に自分でも女を意識するようになるので老けないように思います。

実際ママ友からは「若く見えて羨ましい!何かやってるの?」と毎回聞かれます。不倫してるとは言えないので内緒ですが。

幸せを感じるのはやっぱり会って二人で抱き合っている時ですね。子育ても仕事も、何もかも忘れて今しかないっていう気分にさせてくれる彼の腕に抱かれている時が一番幸せです。

浮気上級者が教える必須アイテム8選!

 

あなたの運命の相手は今の旦那さん?それとも浮気相手?

  • このまま不倫相手と付き合っていてもいいのかな・・・。
  • 旦那さんと離婚したい。
  • 不倫相手に本気になりそう。
そんな不倫相手や旦那さんとの悩みを占ってみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧