12年間も同じ相手とダブル不倫が続いている40代の主婦

ダブル不倫の体験談

私は47歳で結婚19年目の兼業主婦です。家族はサラリーマンの夫46歳と高校生の娘、中学生の娘の4人家族です。

彼は52歳で現在自営業をしています。出会った頃は取引先の営業マンでした。家族は奥様と息子さんが2人いて、もう2人共成人しています。

知り合ったきっかけと付き合うようになった理由

彼に初めて会ったのは、私が35歳の時です。子育てをしながら、パートタイムでお勤めしていた会社で知り合いました。彼は取引先の営業の方でした。

はじめは電話での仕事のやり取りが続き、打ち合わせで何度かお会いすることも増え、次第に堅苦しい会話もなじんできた頃、仕事上でこちらから少し無理なお願いをすることになったのがきっかけでした。

彼にオーバーワークをさせてしまったことに対し、お礼を兼ねて私からランチに誘いました。彼は「喜んでゴチります!」と言い、お礼をする筈だった私が何故かご馳走になってしまったのです。

二人きりのランチの間、彼は自分の話をたくさんしてくれました。仕事の失敗談から上司同僚の笑える話、奥様のことや2人の息子さんのこと…。私はその日初めて彼の家族構成を知りました。

次の週の月曜日に、たまたま彼とお休みが重なり、「先日のランチのお礼に、ちょっと1日俺に付き合ってくれない?」と彼に誘われました。その日私は、パンドラの箱を開けてしまったのです。

後日談ですが、彼はその頃の私はシングルマザーで、夫がいるなんて思ってもいなかった!らしいです。

ダブル不倫のルール

互いのルールはちゃんと取り決めた覚えはありませんが、阿吽の呼吸で決まっています。

ます電話は昼間のみ。連絡はもっぱらLINEです。LINEができる前はメールでした(笑)もちろん携帯にロックは必須ですし、LINEもロックされています。

彼は今自営業で比較的時間がフリーなので、電話できる時間などをLINEで擦り合わせながら毎日数回連絡を取っています。

着信履歴は即削除が一通りのルーティンに組み込まれています。

ダブル不倫のデート内容

デートは週1が希望ですがなかなかうまくはいかず、それでも1ヶ月に3回は逢うように努力しています。だいたいLINEでアポイントを取りますね。

食事は毎回地元から少し離れた隠れ家的なお店を徘徊しています。ラブホテルで食事することもしばしばです。

平日に時間を合わせることが可能なので、夫や子供達を送り出してから彼に逢いに行きます。そして彼らが家に帰るまでには、家で夕食を作っていられるよう心がけています。

朝からホテルに直行!が多いかな。結局、ここが一番安全かも。

たまにですが、飛行機を使って日帰りで大阪や札幌に足を延ばし、観光を楽しんでくることもあります。そこまでいけば手を繋いで歩けますからね!

美味しいものを食べ、堂々とお買い物を楽しめるのは、とっても楽しい時間です。でも、ちょっと贅沢ですよね。

そんな時はできるだけ、時間差で別の便に乗ります。時間や席の都合で止む無く同じ便になるときは、席はバラバラです。体の関係だけではなく、彼と楽しさを共有できるのはとても幸せなのです。

特に注意しているのは、彼の奥様や私の娘たちの知り合いに会いそう場所には近づかないことです。他には、彼も私もお互いに同じ香水を使っています。

ダブル不倫の悩み

もちろん彼の奥様と、私の主人には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

主人は仕事が忙しくほとんど家事や育児は私任せで、今流行りの「育メンパパ」からは程遠い人ですが、温厚で優しく悪い人ではないので、とても後ろめたく辛くなります。

また、彼の奥様に対しては、正直言葉ではちょっと表現できないくらいの複雑な気持ちです。

私も同じ主婦の立場で、彼女の気持ちがわからないでもなく、彼女の気持ちを想像すると鳥肌が立ってしまうほど悲しくなります。子供たちに対しても、同じですね。

必然的に嘘をついてしまう状況もがしばしばあるのも現実です。後ろ髪をひかれる思いをするときもあります。

彼に対しても、逢いたいのに逢えない日が続いたり、話したいのに話せなかったり、途中で話が途切れてしまったりもどかしさもいっぱいです。主人に抱かれることも、彼が奥様を抱くことも嫌でたまりません。

大人なので、守るべきものは壊してはいけないと自分に言い聞かせています。私には「もうひとりの自分」がいて、現実逃避ができる相手と時間があるだけ贅沢だと思っています。

彼との楽しかった出来事や、人に伝えたいようなニュースを話すことができないのも、お話好きな私にとっては辛いことです。

ダブル不倫の幸せ

彼と出会って、それまで「嫁」や「母」だった私が、「女」であることに改めて気付くことができました。

主人は子供が生まれた頃から、妻の私には興味が薄れ「女」としては意識しなくなっていたせいもあり、まあそんなものだろうと私もいろいろなことをあきらめていました。

出会った頃の彼から「君は女の子だから」と表現されたときには、歯がゆくて笑ってしまった事をよく覚えています。と同時に、今まで忘れていた新鮮な感情や、溢れでる幸せな気持ちでで胸がいっぱいになったことも鮮明に思い出せます。

若ぶるのではなく、年相応に女性らしく綺麗でいてほしいという彼の好みも手伝い、体作りをはじめファッションや美容に気を遣うようになりました。会社の同僚やママ友達から「いつも若いよね」「きれいにしてるよね」なんて言ってもらえることも増えました。

結婚して子供が生まれれば、安泰!ではなく、いつでも自分を磨いていけるよう意識を高く持つように努力するようになりました。

彼と一緒にいられる限られた時間はとても素敵で、彼に抱かれてる時は本当に幸福を感じます。こんな時間がいつまで続くのかと気にしながら、かれこれ12年!不安定なまま細々と彼との関係は続いています。

浮気上級者が教える必須アイテム8選!

 

あなたの運命の相手は今の旦那さん?それとも浮気相手?

  • このまま不倫相手と付き合っていてもいいのかな・・・。
  • 旦那さんと離婚したい。
  • 不倫相手に本気になりそう。
そんな不倫相手や旦那さんとの悩みを占ってみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧