人目を気にするダブル不倫の主婦は個室でデート

浮気デートの体験談

結婚2年目、私は当時27歳でした。まだまだ仕事もバリバリにしていたかったので、子どもはいませんでした。夫と二人で甘くもなく、平凡に何も不自由なく不満もない普通の生活をしていました。

当時の私は全くSNSなど興味がありませんでした。しかし、ずっと昔に使っていたSNSを思い出し、何気にログインしてみました。

あれこれ10年近くは放置していたので、ほとんどの知り合いが退会しているようでした。その中に、昔付き合っていた彼も友達として登録しており、かなり前に受信した未読のメッセージが残っていました。

今さら、返信しても返信なんてあるわけないだろうなーと遊び半分で私は元彼に「元気?」とだけメッセージを送りました。すると、その日の夜にその元彼からメッセージが返信されました。そこから、元彼と放置していたSNSでの連絡のやりとりが始まりました。

浮気相手は元彼

彼は高校生の頃に付き合っていて、年齢は2つ年上でした。なので、彼は29歳になっていました。彼も結婚しており、既に二児のパパになっていました。

10年以上の歳月がたち、もちろんお互いの電話番号もメールアドレスも分からなくなっていて、封印していたSNSが私たちの連絡のやりとりとなりました。

懐かしい話に盛り上がり、連絡を取り合うようになって2ヶ月ほどしてお茶でもしようという事になり、仕事帰りに軽い気持ちで会うことにしました。

高校生の頃はもっぱらファミレスがメインでしたが、大人になった二人が再開した場所は素敵なカフェでした。

大人になり雰囲気も変わり、なぜか恋するようなときめきを久しぶりに感じたのを今でも忘れられません。昔話で盛り上がり、当時の付き合いが懐かしく感じ時間が過ぎるのも忘れて話し込んでしまいました。

この日から私たちは頻繁にSNSでのメッセージをメインに連絡を取り合うようになりました。そして、カフェでお茶をすることが増えました。こうしてお互いもう一度付き合いたいと思うようになり、ダブル不倫はスタートしました。

ダブル不倫は個室デートがいい

しかし、お互いに既婚者で家庭は崩したくありませんでした。お互いが会うのは平日の夜のみでした。そして、朝まで一緒に過ごすことはなく、遅くとも終電には間に合うようにして、お互い帰るようにしました。

デートの日は、次に会うためにお互いに定時に帰ることを決めていました。デートの日は、18時半頃にコンビニで待ち合わせをして個室のある居酒屋で食事をすることが多くなりました。いつしかこの流れがお決まりとなっていきました。

一応、お互いの職場からは離れたお店を選び、個室デートを楽しみました。念のために、他人の目を気にして個室のお店を選ぶようにしていました。

そして、雰囲気にまかせてホテルへ行くという流れでした。ときには、ずっと一緒にいたいという気持ちから食事も出来るホテルを選び、待ち合わせして会ったらすぐにホテルへ行くことも多々ありました。

なかなか二人だけで過ごすには行く場所が限られており、ダブル不倫をする二人にはこの会いかたがゆっくりできました。また、ホテルに入れば他人の目を気にせずに二人だけの時間を堪能でき、一番のデートとなりました。

そんな関係は週1もしくは週2で会うようになり、私たちはその後も不倫を重ねていきました。もちろん、不倫をするようになりお互いの電話番号は知ることになりましたが、やはりバレないようにずっとSNSでのやりとりのみを続けていき会うようにしていました。

SNSでの再会は不倫や浮気の原因だと聞きますが、まさにそうでした。また、利用頻度の低くなったSNSはお互いのやりとりにかなり重宝しました。

浮気上級者が教える必須アイテム8選!

 

あなたの運命の相手は今の旦那さん?それとも浮気相手?

  • このまま不倫相手と付き合っていてもいいのかな・・・。
  • 旦那さんと離婚したい。
  • 不倫相手に本気になりそう。
そんな不倫相手や旦那さんとの悩みを占ってみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧