派遣先の大学事務員とダブル不倫している30代の主婦

ダブル不倫の体験談

私は結婚6年目、33歳主婦です。主人と私の二人暮らしです。子供を持とうと努力しましたが、できませんでした。

相手の年齢は29歳です。彼、妻、1歳の子供1人の3人家族です。職業は大学事務員をしています。

知り合ったきっかけと付き合うようになった理由

結婚をきっかけに扶養に入り、その範囲内でパート勤めをしてきましたが、子供を諦めたことによってまたフルタイムで働き始める事にしました。

派遣社員として家の近くの大学の事務員として派遣された事がきっかけで、彼と知り合いました。彼とは同じ部署で、私の教育係として色々教えてくれている中、どんどんと親しくなっていきました。

仕事を教えるという口実を使って、わざと二人だけの時間を作ったりしてきたので、私に気がある事は感じていました。私は、彼の外見がとても好みだったので、このときめきだけでも充分でした。

結婚して数年、女であることを忘れて過ごしていたのに、まだ女としての需要があるのかと嬉しかったです。ある時、密室でキスされたことをきっかけに付き合う事になりました。

ダブル不倫のルール

お互いのパートナーにバレてはいけないとわかっていたので、連絡は慎重に行うようにしました。電話やLINEなどは使わない約束です。

あるフリーメールのアドレスをひとつだけ入手し、ログインIDとパスワードをお互いに共有します。相手にメッセージを送りたい場合は、そこで新規メッセージを作って、下書き保存します。

実際に送信するわけではないので、通知音などが鳴りません。そのため、お互いが一日に何度も何度もログインしてメッセージが来ていないかを確認しました。

ダブル不倫のデート内容

毎週土曜日は午前中だけ、職員が交代で半日だけ出勤しなくてはならない職場でした。私と彼が土曜日出勤の時は、お昼から夕方までホテルで過ごすというのが私たちのデートでした。

彼は、残業代をかせぐためにほぼ毎週といっていいくらい出勤していましたし、私の主人も平日休みのサービス業なので、お互いがお互いのパートナーに怪しまれることなく会える唯一の方法でした。

2週間に一度くらいの頻度で土曜日の午後ホテルで過ごしました。私も相手もお互いのパートナーにばれることを恐れていたので、外に出てショッピングだとか、外食といったような堂々とした行動は一度もした事がありません。

車で移動するときも、私は後部座席に座りできるだけ姿勢を低く保ち、外から見えないように気をつけました。食事はコンビニで買うか、私がお弁当を作ってくるか、ピザのような宅配ものを頼むかで済ませました。

連絡はやはり、最初に取り決めたように、共通で使う事にしたEメールの下書きボックスで、いつ何時にどこで待ち合わせるかなどを取り決めました。

私はこの慎重すぎるくらい慎重な行動が気に入っていました。食事内容なども不満はありませんでした。ダブル不倫の場合、やはり外でのデートは控え、ホテルをおススメします。

ダブル不倫の悩み

私たちの場合は、同じ職場でデスクも近く、なにより彼は私の教育係という立場でしたので、職場ではなかなか話す事ができませんでした。それが自然で、それが普通な環境でした。

そのため私は職場内では指導係と派遣社員という関係でいたかったのですが、彼が浮かれてしまい、デスクのしたで手を触ってきたり、コソコソと内緒話をするような仕草をしてきたりと、私にとっては周りにバレてしまうのではないかという心配が常にありました。

私も他の会社で務めた時に不倫カップルはすぐにわかってしまうので、私達もバレていたと思います。そんな彼の軽率な行動がいつも悩みの種でした。

また、唯一の連絡方法であるEメールの下書きに保存するという方法は、IDとパスワードを入れてログインして、メッセージを読んで書いてしなくてはならないので、正直少し面倒な作業です。

わかってはいるのですが、彼がトイレに行ったので、先ほど自分が書いたメッセージの返事をくれているものと思い確認しても、メッセージがなかった時のガッカリ感がとても多く、辛かったです。

私たちが普通の関係だったらLINEが使ええるのに。LINEならどんなに簡単に連絡がつくのかと羨ましく思い、連絡方法が簡単でないことが悩みでした。

ダブル不倫の幸せ

結婚してみてわかったのですが、やはり恋愛と結婚は違うのかもしれません。結婚すると生活になるので、お金に関することや色々な小さな問題までも二人で解決しなくてはなりません。

ですから、やはりお互いのパートナーの事を異性ではなく、家族のように見ているのかもしれないなと思いました。

主人にも女として見られていないし、セックスレスなこともあります。しかし付き合っている彼氏がいると、自分がまだ女としていられるのだなと嬉しくなります。

付き合うまでの過程でも、忘れかけていた恋愛のドキドキ感をまた感じる事ができます。しかしその恋愛ごっこのタイムが終わると、自分の安定した居心地の良い基盤の家があるというのも魅力でした。

恋愛の感情を持って、女としてセックスしている時は本当に幸せでした。セックスだけでなく、事が終わった後のベットで過ごす甘い時間が好きだったとも言えます。

セックスをしなくても時間を作って会ってくれていたことにも幸せを感じていました。旦那には見せられない可愛い女のようなアピールもできます。

新しい自分を演技できるという点も良かったです。可愛くおねだりしたり、駄々をこねたりする甘い時間がとても幸せで好きでした。

浮気上級者が教える必須アイテム8選!

 

あなたの運命の相手は今の旦那さん?それとも浮気相手?

  • このまま不倫相手と付き合っていてもいいのかな・・・。
  • 旦那さんと離婚したい。
  • 不倫相手に本気になりそう。
そんな不倫相手や旦那さんとの悩みを占ってみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧